TOP

風俗でグッタリなる至福の体験談です。

騒動に巻き込まれたんで気晴らしにソープですよ

先日会社の炎上騒動に巻き込まれてしまいました。自分は名前は出していないんですけど、会社のSNSに投稿していた内容から、自宅近辺を特定されてしまったんです。確かにその投稿の時、自分が担当だったんですよね。家の近くにあった綺麗な桜を投稿したんですけど、それだけでこちらが住んでいるエリアまで特定されるだけじゃなく、写真の角度だとかで家まで特定されそうな勢い。さすがにこの状況で帰宅するのは危険なんじゃないかって思ったんです。考えすぎかもしれませんが、何が起きるか分からないじゃないですか。
そんな時にはやはり一時的に身を潜めようと思い、中洲までソープに行ってきました(笑)風俗であればさすがに誰かがやってくるようなことはないですし、何より自分も気持ち良いですしね。ストレスが溜まっていたからなのか、彼女にすべてを放出するかのようなプレイを楽しませてもらいました。シックスナインにしてもあれだけ燃えたのは記憶にないですしね。気持ち良い炎上でした(笑)

有意義だと胸を張れるソープ

ソープの時間は自分にとって相当有意義なものだなって胸を張れる…というか、ソープ以外にそんな形で胸を張れるようなお金の使い道がないとも言えます(笑)実際にソープ以外に関しては物欲があまりないというか、欲しいって思うようなものもないんです。
お洒落にもグルメにも興味がないし、お金の使い道と言えば中洲で楽しむソープくらいなもの。だからこそソープを利用している時だけは有意義にお金を使えたんじゃないかなって気持ちにさせられるんですよ。他だとそこまでの気持ちにはあまりなりませんけど、ソープだけは自分をそんな気持ちにさせてくれるとあって重宝しています。
ただ悩みもあるんです。それは福岡の中洲にはソープが多く集まっているので、どこにしようかなと考える点です(笑)嬉しい悩みってやつですが、時々泥沼にハマるというか、どのお店のどの子にすべきなのかで相当悩まされるケースもあるんですよね。それもいわば嬉しい悲鳴のようなものですが、それだけソープにハマっているってことの表れですね。